溶連菌

久々に更新です。
この夏休みは、約1ヶ月 久々の日本への一時帰国!
日本のお盆休みには、日本からお客さんがきて、
ナイアガラへ行ったり。^^

そんなこんなで、最近ようやく もとのまったり生活に
戻ってきた感じです。

この夏、大好きだったお友達との別れもあり、そして
また 新しい出会いもたくさん!
出会いと別れ。渡米1年半が経過し、自分が少し古い組に
なってきたなぁと ちょっぴり感じるようになりました。

ダンナの会社でも新しい方が渡米してきたり、
最初は何が分からないのかも分からない状態だったなぁ~とか
どんなことを教えてあげたり、ヘルプしてあげたら
いいのかなぁ~とか 最近考えていました。

で、もちろん このブログも放置していたのですが、
なんか 役に立つ情報ってないものかーと考えてはいたんです(汗)
今日、1つ これは、というのを思い出したので 久々にUP。

・・・って 前置き 長すぎ・・・。

タイトルにもなっている「溶連菌」
日本でも 時々、聞いたことのあるこの名前。
でも 日本では「大流行~」なんてなかったように思うのですが、
こっちでは、ちょくちょく聞くんですよ。
「溶連菌になっちゃって~~」って感じで。

そんな我が家も 3月ごろかかりました。
お友達が順番にかかっていたので、「きたか!」って感じで
病院へいって検査をしてもらい、抗生剤をもらって
数日して治ったのですが、一度に1&2号、そして私と
3人そろって発病してしまったので、もー かなり厄介でした!
(私だけ 検査しても陰性でしたが・・・)

ネットで検索したら streptcoccal という英単語が見つかりました。
この名前をもとに 病院へTELしたのですが、
こっちでは、strep throat というみたいです。

高熱が出て、風邪かな~と思っていて でも熱が下がらない!
なんで~~~~!という時には、
一度 strep throat の検査をしてもらうといいと思います。
結果、陽性(positive)だった~という話を聞きます。

陽性だったり、感染が疑われる場合には
抗生剤が10日間処方されます。
で、この薬 子どもの飲み薬がすごすぎ!

e0008537_2304379.jpg


こんな感じの薬で、どピンク!
味は、というと バブルガム味でした。

私は陰性でしたが、症状があまりにも似ていたし
2人と同時に発熱したので、出してもらいました。
大人は錠剤。

アモキシリン(アモキシシリン)という薬です。(大人も子どもも)
副作用で 下痢とかがあるらしいので、
注意しておくといいかもしれません。
(ウチの子たちは 大丈夫でしたが)

ネットで検索する時は、溶連菌、ではなく
「溶連菌感染症」で検索すると いろいろと出てくると思います。

ホント ネットで情報が欲しい時、渡米する時もそうだったけど
欲しい情報って なかなかGETするのが難しいですね。。。
[PR]
by mairo1701 | 2007-08-31 23:04 | デトロイト2年目


<< 意外と必要なものだったりします。 衝動買い。 >>